こんな方に向いています

small business

農家のA原さんはIT企業に就職し5年働いた後、家業を継ぎました。果物を中心に野菜も数種類つくっています。承継後に直販の方法を見なおしたり、作付の方法を海外に学びにいったりとあたらしい農業のかたちをつくるために日々挑戦の連続。規格外品をつかった瓶詰め商品も大きな投資をして作りましたがどうも売れ行きがよくない。デザインはツテを頼ってあちこちに依頼していますが本音を言えば金額に不満があったり、あまり好きではない出来というのが本音です。

independent creators

グラフィックデザイナーのB川さんは、8年間の広告制作会社勤務のあと独立。フリーランスになって2年目、自宅を拠点に前職のつながりの仕事をメインに様々な仕事をしています。順調ではありますが、ちょっと不安なのは自由にはなったけど、忙しさや仕事の幅があまり変わっていないこと。新しい方向の成長や、デザイナーとしての可能性を開いてくれる契機を求めています。故郷のためにも自分の力をいかしていきたいとは思いますが、機会がありません。

ちいさくても、おおきな仕事へ

さて、上の2人がもしも一緒に働けるとしたら何がうまれるでしょうか。まずは、A原さんのつくった商品のパッケージづくりをB川さんが担えそうです。さらに、A原さんはB川さんと話しあうことで新しい商品や販売方法を思いつくかもしれませんね。B川さんは、すすむべき仕事の方向性を見いだせるかもしれません。

small design centerでは、A原さんやB川さんのような、仕事を依頼したい人、受けたい人を紹介したり、スモールビジネスに関する情報をお知らせしていきます。こんなものを作りたいのだけれど…という相談をしたり、クリエイター同士それぞれのスキルを活かして一緒に仕事をする仲間を見つけたり、よりよい仕事のかたちが見つかります。