プロジェクト進捗

2015.01.15

デザイナーさん決定!/吉見さんからのオリエンテーション


たくさんのエントリーを頂いた吉見農園さんの
新会社ロゴマークデザイナー募集案件。
非常に優秀なポートフォリオが沢山届いたので
吉見さんもデザイナー選考にしっかりと時間をかけられました。

選考に残り、最終的にデザイナーとして選ばれたのは
グラフィックデザイナー・アートディレクターとして個人事務所を営む佐々木さん。
早速、吉見さんから佐々木さんへのオリエンテーションを兼ねた
第一回目の打ち合わせが行われました。
今回はその模様をお届けします。

まずは佐々木さんから吉見農園についてのヒアリング。
吉見農園の地元である長野県小県郡長和町についてや
アスパラ以外に生産している作物、吉見農園のアスパラの特徴等について質問が続きます。

佐々木さんは、さすが経験豊富なデザイナーさんだけあって
いきなりロゴデザインの話に入らずに、吉見農園さんにまつわる情報をたくさん集めて
しっかりと理解を深めようとしているのが印象的でした。
ロゴデザインを作る際に、カタチからではなく
そのロゴが置かれる環境を理解する姿勢は本当に大切なことですね。

ロゴのイメージについてディスカッションを重ねる吉見さんとデザイナー佐々木さん
基本情報の理解が終わったら、
吉見さんから今回のロゴに期待することの説明がありました。
「100年先にも残って欲しい」「そのロゴを見るだけで、アスパラの美味しさが思い出されるように」
「ボヤッとした弱いロゴは苦手」など、
しっかりと地に足の着いたロゴを求められていることが伝わってきます。
全体として、遠くからでも認識できる強いロゴを求められていました。
また、色やカタチに関しては具体的なイメージを伝えずに
一旦佐々木さんに考えて頂いて提案して頂くことになりました。

次は1月下旬に佐々木さんから何案かロゴの提案があり、
そこで再度意見交換をした後、仕上げに向けてブラッシュアップをしていくことになります。

「自分の想像していなかったものが出てくるのがとても楽しみ」と何度も仰っていた吉見さん。
我々も次回のロゴ提案がとても楽しみです!